読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過渡期なのかスランプなのか

最近の日常がどうも変。朝4時30分から5時くらいに起きてお風呂入って仏壇に手を合わせてワイフの用意した野菜ドリンク飲んで会社へ行って仕事して、ミーティングしてまた仕事して、帰ってビール呑んで本読みながら寝て・・・まあ、いつもの日常なのだが、以前ほど本業が忙しくない。これは気乗りしない仕事をしていないせいもあるのだほけれど、やらなくっちゃと思っていることが多すぎて、呆然としている様でもある。やらなくてはと思っていることを書き出すとたいへん恥ずかしいので書くことはできないが、少しづつ整理が必要な今日この頃であります。しかし、こんなことは人生たぶん初めてだね。これはスランプなのか・・・できれば次のステップのための過渡期だと思いたい。

f:id:nobuokondo:20170321071000p:plain

新聞配達が気にかかる

今週の月曜の朝だと記憶するが、いつものように4時30分に起床して、新聞を取りにいったら、まだ新聞が来ていなかった。5年ほど前には地元紙を配達してもらっていたのだが、6時近くにしか配達されてこなかったので、日経に変更した。(会社で地元紙をとっている。日経はほぼ4時30分少し前に配達してくれるので、それをもってお風呂に入って至福のときを過ごすのだ。雪も降っているので、それが理由で遅れているのだろうとまだ読んでいなかったMJ(日経流通)をもって風呂に入ったが、20分たってもまだ新聞が届いた気配がない。そのうち、だんだん心配になってきた。雪道でバイクが転倒でもしたんだろうか?身内にご不幸でもあって、代わりのスタッフなので遅れているのだろうか・・・。と会ったこともない新聞配達のおにいさん?がやたらと気になり始めた。結局30分ほどおくれて「ガサッ」と玄関に投げ入れられた音がして、安心したのだが、朝の新聞は、いろいろと気にかかる。その日は30分ほど風呂を長めに入った。

f:id:nobuokondo:20170310163909p:plain

最近、「元気だね!」ってよく言われるようになったけど・・それって・・・

最近、頓に「元気だね!」と言われることが多い。確かに元気っぽいかもしれない。では、私が「元気に見られる」理由から・・・。①日本全国かなりアクティブに行動している。②明るい色の服装が多い。③髪の毛もしっかりとある。 ④女性を含めていろんな方といろんな処で食事したり呑んだりしている。⑤新しいことにチャレンジし続けている。こんなところかな。確かにこれが今現在の私です。でもね、「元気だね!」って言われて、いつも思うんです。その言葉の前に「歳のわりに・・」ってついてるのを省いてるんじゃないの?あと10年はしっかりと元気でいたい。①から⑤の全部をやっつけていたい思っている。そうなれば、「歳のわりに・・」っていう言葉もおよびしゃなくなっているような気がするな。

f:id:nobuokondo:20170301164409p:plain

この歳になって、こんなに忙しいとは思わなかった。

今年は、特に忙しい。多分人生で経験した忙しさの中で最も忙しいと感じている。やることが多いのはもちろんだが、やはり仕事のスピードが衰えてきていることも原因であることが少々判ってしまっているのが辛いところだ。イベントの企画や進行は現役でやっている。現役といえば現役の大学生でもある(サイバー大学IT総合学科)。なにを血迷ったかといわれているが、大学どころではない、さらに血迷って、昨年シャンプーを開発して今年はその販売にも力を入れている。このシャンプーなかなか評判がよいのだ。このシャンプーなんと70%がオーガニック塩が入っている変わったシャンプーで、塩といえば三年ほど前からライフワークは「塩」だと決めて勉強し始めて、塩ソムリエ・ソルトマイスター・そして今年シニアソルトコーディネーターの資格もとって、まだまだ勉強は続いている。勉強といえば、今年ひょんなことからマネジメントゲームの研修を受けることになって、なんとそのインストラクターまでとることになってしまった。仕事のスピードはなかなか戻らない。毎日がこんなだと、忙しい字のごとく心をなくす。

f:id:nobuokondo:20170215172151j:plain

中国人をあなどるなかれ

2月3日節分。今朝のNHKラジオで中国からの報告があり、春節の祝い方がいろいろと変わってきたことを説明していた。びっくりしたのは、お年玉の渡し方で、今年はスマートフォンのアブリを利用して電子マネーで送っている人がすごく増えた(すごくといっても3億以上だ)らしいこと。これがいいとか悪いとかではなくて、新しいシステムをどんどん利用したり、ある程度のリスクは承知で進んでいくといった国民性は見習うところもあるのではないだろうか。以前中国の浙江省の地方都市へ行ったときに、たまたま貿易をしている20代の若者にあって、一緒に食事などしたが、彼がそのとき言った言葉にもびっくりさせられた。「最近、貿易の仕事も翳りがみえてきたので、アンゴラ行ってみようかなと思ってます」聞けば、最近レアメタル関係でアンゴラがいいっていう噂なので、知り合いのタクシー運転手もアンゴラで運転手の仕事さがしに出かけたとか・・・いう。現代の日本人にはまず考えられない行動力だ。この話をきいてから、私も齢六十を過ぎたが、負けてはいられないという気にもなり、いろいろと挑戦を続けているが、電子マネーでお年玉の話をきいてこれは無理と思ったね。今年の春節では、日本でいうLINEのようなアプリ「WeChat」でお祝いをメッセージおくったり話したりした人も多かったようだが、私も「WeChat」のアプリは入っているので、中国の知人SUSANにとりあえすメッセージでも送ってみようと思う。中国人・・あなどれない。

f:id:nobuokondo:20170203062827p:plain

 

今年の冬もなんとか肌着無しでのりきれそう。

私は福井に住んでいますが、今年の冬もけっこう寒い日があって、朝着替えるときに「肌着きようかな・・」と思う日も何回かありましたが、明日からはもう二月。今年もなんとか肌着無しでのりきれそうです。

40年ほど前の、アイビーやトラッドファッション全盛だったころ、私はアイビーではなかったが、「ワイシャツは下着なの。だから夏でも失礼だから上着を着ているんだよ」「ワイシャツは下着なの、だから下着の下にはなにも着ないだよ」というファッションポリシーには共感して、それ以来夏でも半袖のシャツは着ないし、冬でも肌着は着ずにこの年齢までこれました。ネットでいろいろと調べてみると、肌着着ない派は4~6%くらい。いろいろと肌着をつけたほうがよいという意見もあったので紹介してから、反論します。

お腹のボタンの間から腹毛が見えていたり…半袖シャツの脇からワキ毛がガッツリ見えていたり…夏は汗で乳首が透けていたりする

女性に多いみたいなこういう意見。では反論。まず半袖は着ない。だからワキ毛もみえない。上着をきているから乳首が透けることもない。腹毛は・・・もう少し痩せてもらいましょう。おしゃれは、ずいぶんと我慢も必要なんですよ。私はどぶねずみファッションも嫌いなので、けっこうカラフルな服も着ますが、これからもせいぜい頑張ってかっこいい爺になりたいと思っています。

余談ですが、以前、イベントの現場に白ワイシャツの下にくっきりと文字みえるデザインTシャツを着てきた人がいましたが、私は二度と彼に仕事を頼むことはありませんでした。

 

恋って、もっと真剣でいいんじゃないの。

「妻はそんなに偉いのか。」・・・最近のワイドニュースを観ていると、浮気らしき行いをした男性に対して、「遊びなら許してあげる・・」みたいな妻側からのコメントがあったりするが、このような言葉に対してはヘドがでる。もしかしたら、妻よりも人間的に優れているところがいっぱいあって魅力あふれているやも知れない相手の女性を自分が妻という立場であるということだけで見下している。             また、その女性に好意をいだいたであろう自分のパートナーさえも否定しているのだ。そんな言葉を吐く女性は即刻離縁だね。もちろん、「悪かった」などとすごすご引き下がる男性も多いので、どっちもどっちだが。当の第三者の女性の人格は全く無視されている。テレビ局ほかの報道機関も第三者の女性を悪者にすることで、ことを終わらせる方向へと導くような悪意に満ちた報道の仕方である。               なんかさみしいね。恋と浮気はなかなか分けて考えられるものではないでありましょう。恋は徹底的に真剣に取り組んだほうが、人生も豊かになると思うけどね。